24時間できるFXのメリット

FX、外国為替証拠金取引はワールドワイドな市場を相手にします。
主に東京、ロンドン、ニューヨークですが、実質的にどこどこの場所、たとえば兜町とかシティ、ウォール街に市場が立つのではなくて、その辺りにあるコンピュータ上でのバーチャルな市場です。
さて、そういう市場でも祝日は休みです。
たとえば建国記念の日で東京市場は休みということがあります。
それでもその時間帯に開いているウェリントン(ニュージーランド)、シドニー(オーストラリア)、上海(中国)などの市場が開いていてマーケットは動いて行きます。
つまり土日を除く365日24時間市場が開いているというのは、メリットです。
たとえば株式投資をしている人は午前9時から午後3時までしか取引はできません。
会社勤めなどをしている人は、ザラ場を見ての取引ができないわけです。
それに比べてFXでは帰宅してからの深夜にニューヨーク市場に参加するなど、場を見ての取引ができます。
このように時間が有効に使えるのは大きなメリットです。