今年になってFXで儲けた話をよく聞きませんか?

昨年末から今までの間、FXで儲けたという話を今年はよく聞くなと思ったことはありませんか?
日本の顧客は、円売り外貨買いをメインにトレードをするため、円高傾向の時はなかなか儲けられないものなのだそうです。
そのため、円高傾向が続いたこの5年ほどは、FXで儲けている人は全体の1割から2割くらいしかいなかったと聞いたことがあります。
それが、昨年末からの円安傾向で息を吹き返しているようです。
円安で儲けている方がずいぶんいるようで、景気の良い話を方々で聞きます。
ただ、以前も円安傾向の時、FX会社の負担が大きくなり倒産するところが出てきたことがあります。
今は、信託保全の義務化でそんなことはないと思いたいところです。
私の場合は、昨年末に円売りドル買いトレードに乗っていたのに、途中で降りてしまってかなり悔しい思いをしました。
今は、ユーロショートでかなり儲けられているので、今年はこのまま年を越してくれればいいと思っています。
ユーロ圏には、売られる条件がそろっていますから、しばらくはこのままのトレードを続けていれば、さらに儲かるのではないかと思っているところです。
本格的な下落は来年になるかもしれませんが、今度こそ粘り腰で利益を伸ばしたいと思います。
本当にトレードというのは忍耐力が勝負なのではないでしょうか。
テクニカル分析も重要ですが、忍耐力の鍛錬は絶対必要です。
儲けている方でメンタルを強調する方が多いのはそのためでしょう。