FXでの大きな失敗

FXは今日では気軽にできる投資です。
パチンコのようにパチンコ屋に行かなくてもよいし、競馬のように開催日が決まっているわけでもありません。
インターネットで簡単に取引ができ、しかも、土日を除いて24時間取引ができます。
そんな手軽さも手伝ってか、FXを始める方が増えてきていますが、
継続的に勝てているのは全体の1割程度というデータもあります。
私も、FXで大失敗したことがあります。
それは、必要以上のレバレッジをかけすぎたことです。
レバレッジというのは少ない資金で大きな取引ができる制度のことです。
FXを始めた当初はレバレッジを抑えた取引に徹していました。
初めてだったので怖いからそうしていたのです。
しかし、ビギナーズラックで勝ち始めてくると、これは簡単だという気持ちになり、
恐怖心も少なくなってきました。
そこで、両建てにすることによって大きなレバレッジをかけるような戦術を考え、
それを実践していたのですが、両建てにするといつその両建てを解消するか、
ということに気を使わなければならなくなり、仕事中もFXの動向を見るようになっていました。
当然、仕事もおろそかになり、家に帰ってもずっとパソコンに張り付いているような日々でした。
そして、両建て解消のタイミングを間違え、資金の2/3を失うという惨敗をしてしまったのです。
まず、大きなレバレッジをかけた取引はやらないことです。
そして両建てはしないことです。
これをしなければ、大きな失敗はまず防げます。