私のFX失敗談

FXの失敗談です。
全部で550万円程度の大損失でした。
民主党政権から自民党政権への交代でアベノミクス政策の中の一つ大胆な金融緩和で市場に資金がじゃぶじゃぶに流込んだために、あっという間に円安ドル高の流れに変わってしまいました。
ユーロ円のショートを持っていたのですが、アベノミクス政策と言っても最初だけで大したことはないだろうと高を括っていたらアッと今に踏み上げられました。
1ユーロ95円から1ユーロ130円に、1ドル78円から1ドル100円にと数か月で大変動、切るに切れなくなって、含み損が膨らむ一方、さすがに全財産を持って行かれるのは嫌だったので、諦めました。
もっとはやく見切りをつけたら良かったと後悔していますが仕方ありません。
その前もギリシャショックの暴落で270万円くらい持って行かれてしまっているのですが、今の値段はギリシャショック以前の水準まで戻ってきているので、もし、ポジションを保有していたら5年も経てば元に戻るということはわかりました。
その過程でやられてしまったのは残念です。
しばらくは、相場をお休みしますが、この間にしっかり経済とか取引手法の勉強をして、捲土重来を期したいと思います。
相場の負けは相場で取り返せ。
失敗するから成長するんだと言うことを糧にして、リベンジを果たしたいと思います。
含み損のポジションは、いったん精算してひっぱりすぎないということを肝に銘じて、次こそはと、チャンスを狙っています。