fxで多額の外貨を取引きするには

fxは外貨を売り買いすることで利益を出す取引きで、業者によっては1万円から取引を始めることができる非常に手軽な運用方法と言えます。
初心者のうちは失敗して損失を出すこともあるでしょうから、取引に慣れるまでは少額の取引きで経験を積むのが良いでしょう。
しかし、ある程度取引きに慣れてくると「もっと儲けたい」という気持ちが強くなってくると思います。
その場合は元手の資金を増やしていくという方法もありますが、もう1つ、fxにはレバレッジという非常に便利な仕組みがあります。
レバレッジとは自分の実際の運用額よりも多くの取引きができる仕組みです。
fxは外国為替証拠金取引といわれるように、取引きするためには業者に証拠金と呼ばれる保証金を預け入れることが必要ですが、レバレッジはこの証拠金を担保に最大で自己資金の25倍までの取引ができるという仕組みです。
たとえば、手持ちの資金が10万円しかない場合の時を考えてみましょう。
「1ドル=100円」のときに10万円で1000ドルを購入し、「1ドル=101円」のときに売却したとすると、1ドルに付き1円の利益が出ますから、1000ドルでは1000円の利益が出ることになります。
しかし、レバレッジを10倍にして取引きをすれば利益が10倍の1万円になりますし、最大の25倍では利益が2万5000円と大きく膨らむことになります。
このように、レバレッジを使ったfx取引きは非常に効率的で、少額の自己資金で多額の収益を生み出すことができる魅力的なシステムです。
ただし、レバレッジは損失が出たときに、その損失額も大きくなるので注意が必要です。
たとえばレバレッジ10倍ならば損失も10倍になりますし、レバレッジ25倍であれば損失も25倍になります。
つまり、レバレッジはハイリスク・ハイリターンのシステムなので、特に初心者のうちはあまり倍率を高くせずに3倍や5倍といった低倍率で行い、上手にリスクコントロールをするように心がけましょう。